不登校の悩みは、身近な人に先ずは話をしてみませんか!

不登校のメカニズム

年々増え続ける不登校生徒の悩みや様々な問題を解決して、少しでも早く元気に学校に戻れるように、幼児から高校生までの不登校を対象に、支援しております。

 

まず不登校についての理解をしていただきたいと思います。

 

このまま不登校の仕組みを知らないでいると、お子様がますます学校に行きづらくなります

原因を理解しないと、不登校は解決しません

もし子どもが不登校になったら、

親として本当に辛いと思います。

では、親としてどのように対応していくべきでしょうか。

 

まず初めに、

不登校の3大要因を解説します。

 

最も多いパターンはこのパターンです

 

子育てを放任してしまったり、

子育てを支配してしまうと、

子どもは不登校になります。

 

このパターンの一番辛いところは、

親自身がこの原因を認めないことです。

これは一言でいうと、

子どもが「発達障害」を持っているパターンです。

 

 

発達障害というと身体障害者のイメージをしてしまいますが、

軽い発達障害でも不登校になってしまいます。

 

軽い発達障害とは、

 

●落ち着いて授業を受けられなADHD

●学校の授業を理解できないLD

 

などです。

世間では、不登校の原因は

すべてこのパターンだと

思われているのではないでしょうか。

例えば、子どもが学校でいじめられているとか、

一度嫌なことがあってそれが心に残っているとか

こういったパターンです。

 

確かにきっかけとしては、非常に多いです。

 

ただ、このパターンで不登校になった子どもは、

実は(1)が原因だったという子が非常に多いです。


原因がわからないと不登校は解決できない

 

不登校が解決すると、子どもの人生が変わります

まずは、自分の子どもが

上記の3つのどれに当てはまるのか、

きちんと理解してください。

 

多くの場合、「親が原因で不登校になる」体質ができてしまい、

学校で嫌なことがあったことがきっかけで不登校になるパターンが多いです。

 

原因がわからないと解決はできないので、

まずは理解することから始めましょう。

 

不登校の原因を理解することが、

解決への第一歩となるのです。

商品名

¥0

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1